<

戦力分析

【プロ野球】2019横浜DeNAベイスターズ~戦力分析・開幕スタメン予想~

投稿日:2019-02-15 更新日:

どうも.tk89naviです.

今シーズンの戦力分析やっていきます.

次はDeNAベイスターズ編です.

スポンサーリンク

投手陣

投手陣の支配下選手登録は35名.

昨年はCS争いを演じたもののチーム防御率はリーグ5位の4.18と投手陣に課題を残した.しかし新戦力はドラフトで獲得した3名と復帰した古村投手のみとなっており大きな補強は行っていない.力のある投手が多いだけに,今年は現有戦力の底上げに徹した形となるだろう.

先発

2年連続開幕投手の石田投手を筆頭に,今永投手濱口投手東投手と左腕大国を形成する先発陣.

昨年は東投手が新人王を獲得するなどドラ1で獲ってきた投手がすぐに活躍するジンクスは続いているが,一方で2年目以降の成績を見ると左腕大国に陰りが出てきた.

開幕投手ながら期待に応えられなかった石田投手,大きく負け越した今永投手,2年目のシーズンで大きく成績を落とした濱口投手は今季の復活にかける.今季開幕投手候補の東投手はキャンプ二軍スタートとなっており,左肘の違和感から開幕も微妙のようだ.

また,昨年16試合に先発登板したウィーランドが退団し,FAで西勇輝投手の補強に失敗するなど,やはり若手投手の台頭に期待がかかる.その筆頭はドラ1右腕の上茶谷投手であろう.150キロの真っ直ぐと多彩な変化球をコーナーに投げ分ける制球力が持ち味の投手である.近年ドラ1が毎年のように活躍をしていることからプレッシャーはあるだろうが,力が発揮できれば二桁勝利も見えてくる.

メモ

気になる存在は高卒3年目・京山投手だ.2年目の昨年は一軍で13試合に登板しプロ初勝利,最終的に6勝を挙げた.59イニングを投げて被本塁打10と改善点はあるが,ローテ定着と昨年以上の成績に期待したい.

中継ぎ・抑え

昨年は先発陣の不調もあってリリーフ陣に負担がかかり,50試合以上登板した投手は6名いる.それでも各々が与えられたポジションでしっかり結果を残しており,DeNAのストロングポイントと言えるだろう.

8回パットン投手から9回山﨑康投手への繋ぎまでに,

右は三上投手・三嶋投手,左は砂田投手・エスコバー投手と充実.

先発投手が5,6回まで投げられればリリーフ陣で逃げ切る体制は整っている.

昨年は井納投手までも中継ぎに回るなど,ブルペンが厚くはなったが,国吉投手田中健投手なども控えており,井納投手については先発ローテに入るのがベストだろう.

メモ

気になる存在はBCリーグから5年ぶりに古巣に復帰した古村投手である.140キロ後半の真っ直ぐを投げ込む左腕は,並々ならぬ決意でマウンドに立ち,結果を欲していることだろう.まずは中継ぎでアピールし,左のワンポイントなど重要なポジションで投げられるところまで上り詰めてほしいところ.

野手陣

野手陣は強打者が多く在籍しており,昨年のチーム本塁打はリーグ1位であるが,チーム打率はリーグ最下位の.250に落ち込んでいる.

選球眼が良い打者が少なく,四球が選べないことから出塁率が上がってこない.結果として長打で得点を取りに行き大味な野球となってしまう.チームスタイルと言ってしまえばそれまでだが,相手にプレッシャーをかけられるアベレージタイプの打者が台頭してくればおもしろい.

また,話が脱線するが,下表の通り31歳を超える中堅~ベテラン以上の選手で生え抜きは4名しかいない.毎年次々に新人が入り若手が台頭するチームの中で,30歳を超えてもチームに必要とされプロとして野球を続けることは厳しいものだと感じた.

捕手

捕手は長年のウィークポイントであり,昨シーズン途中から移籍してきた伊藤選手が正捕手の可能性が高い.伊藤選手と年齢の近い戸柱選手嶺井選手と共に正捕手争いを演じるだろう.

捕手の打撃力の低さがチームの弱点となっており,打率.260以上を最低ラインに奮起を期待したいポジションである.

内野手

不動のレギュラーとしてファーストのロペス選手,サードは宮﨑選手だ.

ロペス選手は36歳と衰えが気になる年齢に差し掛かっており,怪我の心配が大いにある.宮﨑選手については昨年の成績は申し分なく,5番サードのポジションを確固たるものにした.年齢的にはまだまだ中堅の位置におり,あと数年は最前線で活躍を期待できる選手だ.

問題は二遊間である.強いチームほどセンターラインはしっかりしているが,DeNAは捕手と二遊間が常に弱点となっている.守備力の高い大和選手と柴田選手を二遊間で起用すれば打撃力が一気に落ちる.打てるショートとして入団した倉本選手も昨年は85試合の出場で打率.232に終わってしまった.

今シーズンは昨年本塁打王のソト選手をセカンドで起用するプランもあるが,打撃に特化する分守備が疎かになってしまう.

メモ

そこで補強したのがドラ2の大型内野手・伊藤裕季也選手である.二塁手としては十分の肩力を持ち合わせているが1年間セカンドを守り切れるかは未知数.しかしその打棒は折り紙付きであり,柔らかいリストから放たれる打球は飛距離が出る.HRが出やすい横浜スタジアムにおいては年間通じて見てみたい選手である.

ショートで補強したのはドラ6の21歳・知野選手である.こちらも一発を秘めた打撃力のある選手だ.キャンプは一軍参加となっており,大和選手,倉本選手を脅かす存在となってほしい.

外野手

昨年の開幕は筒香選手・桑原選手・神里選手でスタートした.

ルーキーだった神里選手はその俊足を発揮して春先は新人王候補となっていたが骨折で離脱.1番打者を打つなど期待されていただけに惜しい結果となったが今年は開幕スタメンを掴めるか.

桑原選手は2年連続でセンターとして結果を残し挑んだ昨シーズンだったが,打撃不振によりスタメン落ちを経験するなど悔しいシーズンとなった.神里選手とのセンターレギュラー争いに勝ち残ることができるか.

さすがの成績を残した主砲の筒香選手は今年もチームの核となり,主にライトを守ったソト選手の起用法にも注目だ.更には俊足の強打者・梶谷選手もレギュラーを狙っている.

メモ

若手の成長株で最有力は高卒3年目・細川選手だ.2年連続で一軍を経験し,ファームでも昨年は8本塁打と当たりは出ている.どれだけ出番があるかはチーム状況にもよるだろうが,いよいよ今年はブレイクが期待される.

スポンサーリンク

開幕スタメン予想

18桑原

24ソト

33ロペス

47筒香

55宮﨑

69梶谷

72伊藤光

81今永

96大和

ソト選手がセカンドを守った場合梶谷選手をスタメン起用できる点が大きい.この段階でスタメンはある程度固まっており,若手選手はオープン戦でのアピールが重要である.また,2番打者については強打のソト選手が入るのか,梶谷選手や神里選手,はたまた宮﨑選手と選択肢は多く,打順の組み方には注目していきたい.

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-戦力分析
-,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.