<

ドラフト候補 大学野球

【大学野球観戦】国際武道大vs東京情報大

投稿日:2018-10-13 更新日:

どうも.tk89naviです.

本日は千葉県大学野球秋季リーグを観戦でゼットエーボールパークを訪れました.千葉県市原市にあるこの球場は,最寄りのJR五井駅から徒歩30分程度です(遠い).

今回は国際武道大vs東京情報大の観戦レポートです.

f:id:tk89navi:20181013215951j:plain

 

千葉県大学野球リーグ

まずは千葉県大学野球リーグについて簡単に説明に触れておく.千葉県大学野球連盟は,1部から3部のリーグで構成されているが,秋季リーグは既に国際武道大が優勝を決めている.1部に所属している大学と現在行われている秋季リーグの順位は下記の通りである.

  1. 国際武道大
  2. 東京情報大
  3. 敬愛大
  4. 城西国際大
  5. 中央学院大
  6. 清和大

 

試合結果

早速だが試合結果はこちら↓

f:id:tk89navi:20181013221326j:plain

武道大 内野陣のエラーが絡み情報大が先制すると,その後も内野のミスやHRなどで着実に得点し情報大が勝利.

 

注目選手

~国際武道大~

まずは本日先発して完投した平川裕太投手(4年=東海大浦安)

平川投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

味方のエラーで失点したが,評判通り三振の取れる投手.変化球を内外に投げ分けて三振を奪うシーンが多く見られた.与四球は1で制球は良いものの,球速はそれほど速く感じられず,鋭いあたりを何本か許していた.クイックタイムは1.26~1.30秒ぐらい.

 

続いて3番サードの勝俣翔貴選手(3年=東海大菅生)

f:id:tk89navi:20181013230118j:plain

大学生の侍ジャパンにも選ばれる能力を持った選手.とにかく打撃がピカイチで,センターにライトに鋭い打球でヒットを放っていた.一方で守備は課題かと.本日は序盤から悪い流れを作ってしまう捕球エラーと,送球のエラーもあった.順調にいけば間違いなく来年のドラフト候補だけに,守備でもっとアピールしてほしいところ.

 

~東京情報大~

先発は坂巻拳投手(4年=千葉英和)

坂巻投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

左の本格派.武道大打線を4失点に抑えて完投勝利.直球は140km/hに満たないかと思われるが,粘りのピッチングが冴えた.自チームがリードしている状況を考えながらの投球で要所は抑えており,こちらも三振が取れる投手.

 

打者では鈴木寿希也選手(3年=拓大紅陵)が目立った.

f:id:tk89navi:20181013232019j:plain

3-2の情報大リードで迎えた5回裏の場面,打った瞬間それとわかるHRを放ってみせた.武道大の追い上げ雰囲気が出てきたところでの一撃は,流れを引き戻す最高の一本.スイングは明らかにクリーンナップ級だが打順は1番で足もある右打者だが一塁到達タイムは4.37秒(三ゴロ エラー出塁)とまずまず.今後も注目したい打者の一人.

 

おわりに

本日は千葉県大学野球リーグを観戦した.観客は少ないが,東京六大学や東都とは違った雰囲気を楽しむことができるリーグだと思う.

今後も様々なリーグを訪れて観戦記事をアップしていきたい.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクがドラフト候補を追いかけます.

-ドラフト候補, 大学野球
-,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.