<

個人タイトル

【プロ野球】2018年タイトル争い ~セ・リーグ編~

投稿日:2018-10-04 更新日:

どうも.tk89naviです.

早速ブログを更新してみます.

まずはプロ野球の話題から.

両リーグとも優勝チームが決まり,タイトル争いが気になります.

10/4(木)の試合終了時点のセ・リーグタイトル争いをまとめてみます.

野手タイトル

◆打率

  1. .349 中日 ビシエド 残り2試合
  2. .342 巨人 坂本      残り1試合
  3. .331 中日 平田   残り2試合

 夏場に打ちまくったビシエド選手で決まり.

 最多安打も2位と5本差でトップを走っており,2冠は確実か.

 

◆本塁打

  1. 39本 広島 丸  残り1試合
  2. 38本 DeNA ソト 残り4試合
  3. 38本 DeNA 筒香 残り4試合
  4. 36本 ヤクルト バレンティン 残り3試合
  5. 34本 ヤクルト 山田 残り3試合

 ここが今一番面白い争い.

 4位のバレンティン選手までタイトルの可能性がある.

 広島の最終戦は週末のDeNA戦だが,

 優勝が決まったチーム事情を踏まえると,

 丸選手の初タイトルに向け投手陣も援護するだろう.

 丸選手が逃げ切るのか,ソト選手・筒香選手が追いつくのか,

 バレンティン選手が大逆転するのか,果たして….

 

◆打点

  1. 125打点 ヤクルト バレンティン
  2. 99打点 中日 ビシエド

 バレンティン選手,アッパレ.

 

◆盗塁

  1. 32盗塁 ヤクルト 山田 
  2. 31盗塁 広島 田中
  3. 22盗塁 阪神 糸井

 盗塁王のタイトルは広島の田中選手が本日2盗塁して追い上げる.

 最終戦は1番打者として出場し,塁に出ればとにかく狙ってくるだろう.

 山田選手はトリプルスリーを達成しながらも無冠という可能性も出てきた.

 

投手タイトル

◆防御率

  1. 2.15 巨人 菅野
  2. 2.42 DeNA 東

 本日の試合で菅野投手が完封しタイトルはほぼ手中に.

 東投手はルーキーながら素晴らしい活躍.

 

◆勝利

  1. 15勝 巨人 菅野
  2. 15勝 広島 大瀬良
  3. 13勝 中日 ガルシア

 菅野投手が15勝で並んだ.

 あとは最終戦で大瀬良投手の登板があるか.

 

◆奪三振

  1. 200個 巨人 菅野
  2. 151個 広島 大瀬良

 こちらも菅野投手で確定.

 

◆ホールドポイント

  1. 42HP ヤクルト 近藤
  2. 35HP 阪神 桑原
  3. 35HP DeNA パットン

 最優秀中継ぎは近藤投手で確定.

 

◆セーブ

  1. 35S DeNA 山﨑康
  2. 34S ヤクルト 石山
  3. 32S 広島 中﨑

 最多セーブは混戦.最後までわからない.

 

以上,セ・リーグのタイトル争いでした.

混戦のタイトルが多く,リーグ戦は最後まで楽しめそうです. 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-個人タイトル
-

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.