三度の飯より野球観戦

現地観戦オタクが運営するプロからアマチュアまで野球に特化したブログです

【雑】カープOB 黒田博樹氏の講演会に行ってきました

f:id:tk89navi:20181028222446j:plain

どうも.tk89naviです.

本日は日本シリーズは移動日でお休みです.

 

ということで,先日都内某所で開催された「黒田博樹氏 講演会」に行ってきたので,

覚えている範囲で書いていこうと思います.

対談形式の講演会で非常に良い内容だったので,

時間が経つのがあっという間でした.

 

高校時代

話は高校時代から始まりました.

大阪の上宮高校出身の黒田氏ですが,

両親(特に母親)からは非常に厳しく育てられたようです.

野球部の合宿中のことです.登板する度に打たれていた黒田氏は,

監督から走ってこいと言われます.(高校時代は基本的に控え投手)

先輩にあたる元ロッテの薮田氏もよく一緒に走っていたそうです.

まともな食事もせず,4日間も朝から晩まで走り続けた黒田氏は,

一緒に走っていたとある部員の父兄に保護(?)されます.

その晩,保護した父兄から黒田氏の家に無事を伝える電話が入ります.

黒田氏の母親が電話に出ると,衝撃の一言が.

「今すぐ息子を戻して走らせてください.」

現代ではほぼ有り得ない話だと思いますが,

当時の教育はこれが当たり前だったと黒田氏は言います.

 

大学時代

自分の力の無さから,高校で野球を辞めてもいいと思っていたそうですが,

専修大学に入り野球を続けます.

(自宅から通える)関西の大学から誘いはあったようですが,

ここでも母親から一言が.

「家から出て行ってくれ.」

この一言で関東の大学に行くことに.

プロを意識し始めたのは3年生とのことで,

1つ上の先輩で4年生だった元広島の小林幹英氏目当てでスカウトが出入りしていたから.

当時のスター選手は元阪神などで活躍した今岡誠氏や現ロッテ監督の井口資仁氏だったと名前が出ました.

そして広島の現スカウト部長苑田氏の話に.

小林幹英氏目当てなのか自分を見に来たのか当時は全くわからなかったようで,

ひたすら試合や練習を見て何も言わずそのまま帰っていくだけだったとのこと.

(苑田氏がスカウトということすら知らなかったとのこと…)

 

プロ入り後

そしてプロの世界へ.

3年生の時から真剣に見続けてくれた苑田氏から,

来てくれと言われてドラフトで広島を逆指名

プロに入ったことについて母親はノーコメントで褒めることもなかったそう.

当時はプロに入ることが目的で,そこがゴールになっていた.

それがプロ入り後の数年間低迷した原因だった.

と仰っていました.

その後山本浩二氏が監督になってから考え方が変わったとのこと.

当時はいくらへばっていても交代してくれない

→完投が増える

→エースとはこういうもの

という育成方針で鍛えられ,

「勝つためには投げきるしかないという思いでやっていた.」

これが先発完投型のスタイルを作り上げたということですね.

私もその時代を知っていますが,

現代野球の分業制スタイルだと先発完投型はなかなか育ちませんね.

特にDHのないセ・リーグだと2打席目3打席目になると確実に代打が送られますから.

※勿論黒田氏は分業制を否定するようなことは言っておりません.

 

メジャーリーグ挑戦

 

話はメジャーリーグへ.

メジャーに行ってオープン戦で投げた時,

 

「この真っ直ぐじゃ通用しない.」と思ったそう.

ただ,すぐに答えは見つかり,この世界で生きていくための術は,

「ボールを動かすこと.」

ツーシームを習得することは難しくなかったようです.

そしてメジャーで大活躍.

 

経歴別にまとめるとこんな感じでしょうか.

 

契約

続いて私が心に響いたことを書きますね.

契約についてです.

契約は常に1年契約を希望.普通の選手は複数年契約を優先しますよね.

これはプロとしてのやりがい.

活躍すれば次の年も契約してもらえる.

選手にとってはそれは非常に幸せなこと.

プレーする上でのモチベーションにもなる.

お金ももちろん大事ですが,やっぱりそこは男気.

考え方が違いますね.

 

日本に帰るときに声をかけたメジャー球団は3つ.

20億のオファーを断って日本に復帰するわけです.

 

おわりに

黒田氏の口癖は「僕自身は」ですね!

 

それは置いといて,今のところは監督業に興味はなさそうでした.

新井さんについてかなり話を振られていて,会場が湧いていました.

日本シリーズの予想は解説者じゃないのでできないとのことでしたが,

最後はマツダスタジアムで優勝を決めてもらえればと仰っていました.

(日本シリーズの第2戦でゲスト解説してましたが…)

最後に質問タイムもありましたがよく覚えていません.

 

レジェンドの話はとても有意義でした.

またこういった機会があれば足を運びたいですね

 

それでは.