三度の飯より野球観戦

現地観戦オタクが運営するプロからアマチュアまで野球に特化したブログです

【大学野球観戦】専修大vs中央大を観戦!〜秋季東都リーグ入替戦〜

f:id:tk89navi:20181106200814j:plain

どうも.tk89naviです.

一昨日,昨日と秋季東京大会準決勝の記事を投稿してきましたが,

その日の夕方から東都大学野球の1部・2部入替戦も行われました.

朝から夜まで神宮球場に滞在し,野球漬けの1日でしたね.

最後も白熱した試合でしたので,

その模様をレポートしたいと思います.

1部・2部入替戦

東都大学野球は1部から4部リーグまでありますが,

リーグ戦が行われる度に入替戦が行われます.

今回観戦したのは,

1部リーグ6位の中央大学vs2部リーグ1位の専修大学の第1戦です.

中央大は残留のため必死ですし,専修大は1部昇格に必死.

このぶつかり合いが入替戦の醍醐味です.

 

試合結果

まずは試合結果です.↓

f:id:tk89navi:20181106203014j:plain

中央大が4-3で接戦を制し,初戦を取りました

試合は専修大が先制しましたが,中盤に連続失点を喫し中央大の流れになります.

専修大は終盤粘りを見せますが惜しくも敗戦.

1部昇格に向け後がなくなりました.

 

ピックアップ選手

この試合で気になった選手の紹介です.

 

中央大学 伊藤優輔投手(4年=小山台)

まずは中央大の先発・右腕の伊藤投手です.

投球フォームはこちら(スロー)↓

何度か見たことがある投手ですが,やはりコントロールが課題かと思います.

この試合は8回1/3を投げて四死球10個と大荒れ.

3失点しましたがやはり四球絡みでした.

ただ,投げているボールには勢いがあり,

MAX146キロの真っ直ぐに加え外の変化球が効いて奪三振9

ヒットは4本しか打たれていません.

崩れそうで崩れない変わった投手だなという印象ですね.

クイックは1.25秒でした.

卒業後の進路は社会人野球の三菱日立パワーシステムズのようです.

 

中央大学 古賀悠斗選手(1年=福岡大大濠)

次は中央大1年生捕手の古賀選手.

強肩です.

古賀選手の二塁送球はこちら(音有り)↓

 

高校時代から注目されていた古賀選手ですが,

中央大に進学するともうレギュラーになっています.

この日も4年生の伊藤投手をなんとかリードし勝利に貢献.

当たり前にこなしているので1年生という感じはしないですね.

打順は下位ですが,肩と守備はさすがです.

二塁送球タイムは1.92~2.04秒で平均1.97秒.

この試合でも盗塁を一つ刺しました(その時の送球タイムは2.04秒).

そして打つ方では6回,同点に追いついた後に

勝ち越しスクイズを決めました.

古賀選手のスクイズはこちら(スロー)↓

 

まだ1年生なので中央大の捕手はしばらく安泰でしょう.

 

中央大学 吉田叡生選手(主将4年=佐野日大)

そして中央大のキャプテン4番ライトの吉田選手です.

吉田選手の打撃はこちら(スロー)↓

この試合は4打数2安打1盗塁と活躍.

シュアな打撃が持ち味で,大きいのも打てます.

今回プロ志望届を提出しましたが残念ながら指名漏れ

左の巧打者タイプの外野手だとライバルが多いですからね…

卒業後の進路は社会人野球でしょうか.

主将を務めるリーダーシップのある4番ですから強豪チームから声がかかりそうですね.

 

専修大学 角谷幸輝投手(3年=専大松戸)

最後は専修大の左腕 角谷投手です.

投球フォームはこちら(スロー)↓ 

この試合,6回途中から投げましたが,打たれたヒットは1本.

変化球のキレがよく奪三振6

圧巻は9回,中央大の攻撃を3者連続三振で抑えました.

MAXは137キロでクイックは1.12~1.40秒

3年生なので今後も要チェックです.

 

以上,ピックアップ選手でした.

 

 

今日の五十幡選手

更にピックアップしたい選手がいます.

中央大学のプロ・アマ含めてNo.1の快速ランナー.

2番センターの五十幡亮汰選手(2年=佐野日大)です.

とにかく足が速いので1打席に1回はセーフティバントを試みています

足だけではなく,今回の秋季リーグではホームランを放つなど,

バッティングも鍛えられており,

ベストナインにも選ばれています.

この試合では3打数ノーヒット1犠打1四球.

犠打の際の一塁到達は3.74秒

そして盗塁のタイムも初めて計測に成功しました.

なんと3.48秒でしたが見事に刺されてしまいました…

 

バッテリーのデータとしては,

専修大先発 前田投手の真っ直ぐのクイックは1.14秒の好タイム.

そして捕手の深水選手の二塁送球は2秒を切ってきます

ここに塁上のタッチプレーがありますが,

単純にストライク送球を投げられるとアウトですね…

こういった見方も現地観戦ならではです.

 

なかなか盗塁を計測するタイミングがないので,

今回は貴重なデータが取れました.

塁に出れば驚異の五十幡選手.

2年生ですがしっかりアピールできているかと思います.

 

おわりに

東都の入替戦は中央大学が先勝しました.

中央大は下級生に注目選手が多く,

とても面白いチームです.

彼等の活躍を2,3後のドラフトまでじっくり見ていけたらと思います.

 

それでは.

 

※11/7追記

その後中央大学が1部残留を決めました.