三度の飯より野球観戦

現地観戦オタクが運営するプロからアマチュアまで野球に特化したブログです

【大学野球観戦】立正大学vs九州共立大学を観戦!~注目のドラ2対決~

 

f:id:tk89navi:20181113201005j:plain

どうも.tk89naviです.

少し時間が経ってしまいましたが,

先日観戦した明治神宮大会のレポートです.

 

午前中は高校の部が行われ,

広陵vs星稜筑陽学園vs桐蔭学園

の2試合を観戦しました.

その後は大学の部の試合が行われ,

本記事では立正大学vs九州共立大学の試合をレポートします.

 

試合結果

まずは試合結果から↓

f:id:tk89navi:20181113202434j:plain

試合は投手戦でした.

立正大・糸川投手と九州共立大・島内投手の

両先発投手が粘り強い投球を披露しスコアボードに0が並びます.

均衡を破ったのは立正大.

4番のHRで得点した2点を守って準決勝進出を決めました.

 

ピックアップ選手

この試合の注目は,なんといっても

先日のドラフトで指名された選手が両チームに所属していることです.

4選手が出場しましたので,順番に紹介していきます.

 

立正大学 伊藤裕季也選手(4年=日大三)

横浜DeNAベイスターズ 2位指名

まずは立正大の主将・4番セカンドの伊藤選手です.

伊藤選手の打撃はこちら(スロー)↓

見た目通り,がっちりした体格のパワーヒッターです.

ファーストやサードを守っていそうですが流行りの”強打の二塁手”ですね.

この試合では,

九州共立大 島内投手(広島2位指名)との

セ・リーグドラ2対決が実現しました

 

その島内投手に抑え込まれていた立正打線でしたが,

流れを変えたのは伊藤選手でした.

7回に放ったHRは打った瞬間鳥肌が立ちましたね.

さすが4番の一打と言えるこの日のベストスイングでした.

この試合は島内投手に対し2打数2安打2打点1四球と見事に打ち砕きました.

守備の動きも良いですし,一際存在感がある選手です.

 

ホームランを放った伊藤選手↓

f:id:tk89navi:20181113193114j:plain

打った後の仕草やベースランニングにも

風格と華やかさ感じましたし,

(特に打った直後のバットの突き上げはカッコ良すぎますね…)

ドラ2指名の理由がわかった気がします.

今後間違いなくファンが増えますね!

 

 

立正大学 小郷裕哉選手(4年=関西)

東北楽天イーグルス 7位指名

続いては立正大の3番ライト 小郷選手です.

小郷選手の打撃はこちら(スロー)↓

個人的には4位までには指名されると思っていた選手です.

左打ちの外野手で足はもちろん速いですが,パンチ力があります.

楽天でチームメイトになる島内宏明選手のように,

率を残しながら長打も期待できる選手になってほしいですね.

この試合では九州共立大の島内投手に対して2打数1安打1盗塁.

盗塁タイムは3.27秒を計測し,やはり俊足でした. 

 

九州共立大学 島内颯太郎投手(4年=光陵)

広島東洋カープ 2位指名

続いて九州共立大からは先発の島内投手です.

投球フォームはこちら(スロー)↓

広島に2位指名された非常に評価の高い本格派右腕です.

現地で見るのは初めてでしたが,2位指名に納得しました.

序盤から140キロ後半の真っ直ぐでゴリ押しし,

この日のMAXは150キロ

伊藤裕季也選手にHRを打たれて降板しましたが,

ヒットを打たれたのは伊藤選手と小郷選手だけ.

四球を与えたのも伊藤選手と小郷選手だけ.

他の打者は全く寄せ付けませんでした.

奪三振は3個と思ったより少なかったですが,

安定感は抜群.クイックは1.13~1.16秒でした.

伊藤選手へのリベンジはプロの舞台で.

 

九州共立大学 久保拓眞投手(4年=自由ヶ丘)

東京ヤクルトスワローズ 7位指名

最後は九州共立大の左腕 久保投手です.

投球フォームはこちら(スロー)↓

スリークォーターから投じるスライダーが良いです.

2イニングを投げてMAXは141キロ

被安打1,与四球1,無失点でした.

やはりリリーフ専門の左打者封じを期待しての指名でしょうか.

もう少し投球を見たかったですが,

続きは来年,神宮球場の一軍の舞台で.

 

以上,ドラフト指名4選手でした.

 

おわりに

立正大vs九州共立大の試合をレポートしました.

ドラフト指名された選手が揃って活躍し,

さすがに一段階上のレベルだと感じました.

次はプロの世界で活躍している姿を見ることができれば嬉しいです.

 

それでは.