三度の飯より野球観戦

現地観戦オタクが運営するプロからアマチュアまで野球に特化したブログです

【大学野球観戦】神奈川大学vs立教大学を観戦!終盤で大逆転が!

f:id:tk89navi:20181202213822j:plain

どうも.tk89naviです.

12月に入りプロ野球はオフに,アマチュア野球も来季に向けて自主トレに励むチームが多くなっていますが,一部まだオープン戦が行われています.

今回は神奈川大学vs立教大学の試合を観戦してきたのでレポートしたいと思います.

 

スタメン

まずは両チームのスタメンから.

4年生は引退しているので1~3年生のチーム編成となりますが,

リーグ戦に出ていない選手も多数出場していてフレッシュな試合でした.

立教大

1番8 小野大(3年=横浜)

2番3 長谷(3年=報徳学園)

3番5 吉田(3年=中央中等教育)

4番9 太田(1年=智弁学園)

5番7 佐藤大(3年=清水東)

6番D 廣田龍(2年=帝京)

7番4 江藤(3年=東海大菅生)

8番6 宮(2年=市立船橋)

9番2 村山直(2年=青森山田)

P 手塚(3年=福島)

 

神奈川大

1番8 丹沢(1年=山梨学院)

2番6 中島(2年=大宮西)

3番3 伊藤(3年=北陸)

4番9 小材(2年=必由館)

5番5 東本(3年=報徳学園)

6番D 松本凌(2年=東邦)

7番7 小鹿(3年=日大三島)

8番2 奥村(2年=八戸学院光星)

9番4 遠藤(2年=横浜)

P 百瀬(3年=国士館)

 

試合結果

いつもならスコアボードの写真を載せていますが,撮り忘れてしまいました...

ランニングスコアは下記となります.

立大 000 100 005 6

神大 001 002 000 3

 

試合は神奈川大ペースで終盤まで進んでいましたが,

9回表にチャンスを作った立教大が土壇場で逆転

勢いそのままに9回裏の神奈川大の攻撃を抑えて勝利しました.

9回の立教大の攻撃は非常に見応えがあり,一番盛り上がりましたね.

 

ピックアップ選手

それではいつものように気になった選手を紹介します.

 

立教大学 手塚周投手(3年=福島)

まずは立教大の先発 手塚投手です.

投球フォームはこちら(スロー)↓

リーグ戦でもよく投げている右の本格派で球の勢いがあります.

球速表示がないため実際の球速はわかりませんが,この日投げた投手で一番速かったと思います.

5回を投げて76球,被安打4 ,四球2,失点1.

奪三振は3個,クイックは1.25~1.32秒でした.

来年のドラフト候補にも名前が挙がる投手ですが,来年の立教大はこの手塚投手と左腕 田中誠也投手のWエースで注目を浴びそうです.

 

神奈川大学 百瀬永遠投手(3年=国士館)

続いては神奈川大の先発 百瀬投手です.

百瀬投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

神奈川大学野球リーグのベストナインに選ばれるだけあって非常に良い投手です.

躍動感のあるフォームから打たせてとる投球で安定したピッチングを披露していました.

この日は3イニングを投げて被安打1で無失点と完璧

3年生ということで来年から徐々に注目されてくる投手だと思いますね.

 

神奈川大学 前田秀紀投手(1年=聖光学院)

投手でもう一人気になったのは神奈川大の1年生 前田投手です.

前田投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

1年生ながら堂々たるピッチングをする投手です.

この日は8回からリリーフ登板.立教大の2,3,4番を完璧に抑えます.

ところが9回,内野安打でランナーを出すと,四球を次々に出してしまい押し出しで失点してしまいます.

そして二死満塁の土壇場で迎えるは途中出場した立教大 中嶋瞭選手(2年=佼成学園)

抑えれば勝ちという場面で放たれた打球はレフトの頭を超えて3点タイムリー二塁打となりました.打った中嶋選手はナイスバッティング!この日のヒーローでした.

前田投手からすれば,ランナーを出した後のピッチングに課題が残りましたね.

ただ,獲ったアウト6個のうち4個が三振,投げているボールは素晴らしいので今後に注目です.

 

立教大学 村山直也選手(2年=青森山田)

続いては野手から両チーム1名ずつ紹介したいと思います.

立教大からは捕手の村山選手です.

村山選手の打撃フォームはこちら(スロー)↓

立教大の捕手といえば侍ジャパンにも選ばれる藤野選手が君臨していますが,下の学年ならこの人だなと思いました.

この日は打撃面ではヒット1本,守備面では盗塁を一つ許しましたが手塚投手を好リード.控え捕手では勿体ないという印象を受けましたね.

二塁送球タイムも2.03~2.09秒でほぼストライク送球と安定感もありました.

 

神奈川大学 東本将弥選手(3年=報徳学園)

神奈川大からは5番サードの東本選手です.

東本選手の打撃はこちら(スロー)↓

まず,東本選手に限らずですが,神奈川大の選手はよくバットが振れています.

怖いもの知らずのフルスイングは相手投手には脅威となり,プレッシャーがかかりますが,神奈川大の選手はまさにそんな感じでした.

当たった時の打球が飛ぶ飛ぶ.長打が多いチームですね.

注目の東本選手は3打数2安打2打点1HRと大活躍.

迫力のあるスイングで打球が伸びあっという間にライトスタンドに着弾しました.見ていてスカッとしますね.

 

以上,ピックアップ選手でした.

 

おわりに

12月に入って最初の観戦である立教大vs神奈川大の試合をレポートしました.

オープン戦だと選手が次々に入れ替わって把握するのが大変ですが,オフに入る前にいい試合が見られました.

背番号などもシャッフルされて新チームの情報が先取りできるので,

この時期のオープン戦は楽しめますね.

また更新します.

 

それでは.