<

大学野球

【東京六大学野球】法政大学vs明治大学は稀に見る大逆転劇で優勝決定!

投稿日:2019-05-29 更新日:

どうも.tk89naviです.

今回は東京六大学野球春季リーグの観戦レポートです.

 

スタメン

試合内容

明治大は勝てばリーグ優勝の大一番.先発は法政大・左腕の鈴木昭汰投手,明治大・右腕の竹田祐投手でスタート.

初回から法政大打線が竹田投手をとらえる.先頭の1番・宇草選手が幸先良く左安で出塁すると,2番・宮本選手の送りバントを竹田投手が悪送球.いきなり無死1,3塁となり,3番・福田光輝選手がセンター前に落とす適時打を放って先制.続く4番・伊藤選手も右安で続き無死満塁とすると,5番・安本選手の初球が死球となり押し出しで2点目.内野ゴロ2つで2死となるも,8番・渡邉雄太選手が初球を振り抜きレフトスタンドに突き刺す満塁HRを放ってこの回6点をあげた.(H6-0M)

明治大は先発の竹田投手を諦め,2回からドラフト候補にあがる伊勢大夢投手(4年=九州学院)が登板.3回裏,伊勢投手に対し法政大のスラッガーが牙を剥く.売り出し中の5番・安本竜二選手が2球目をレフトスタンドに叩き込み,今季6本目となるソロHRを放って明治大を突き放した.(H7-0M)

ここから明治大の怒涛の反撃が始まる.

4回表,先頭の4番・北本選手が二安で出塁すると,5番・喜多選手も中安で続き1,2塁とする.2死となり,ここで代打に送られた日置航選手(1年=日大三)が初球から積極的に手を出し,レフト前に転がす適時打を放って1点を返し,送球乱れる間に2点目をあげた.日置選手はリーグ戦初打席初安打,U18代表にも選ばれた実力をここ一番で見せつけチームに勢いを与えた.(H7-2M)

5回表,法政大先発の鈴木投手の制球が乱れ始める.先頭の1番・添田選手が死球で出塁すると,3番・内山選手も四球を選んでランナーをためる.ここで4番・北本一樹選手が中前適時打を放って3点目.更に6番・和田慎吾選手もライト前に転がす適時打を放って4点目をあげ鈴木投手をKO.じわじわと明治大が追い上げる.(H7-4M)

6回表,法政大は2番手の高田孝一投手(3年=平塚学園)が前の回から引き続き登板.簡単に2死となるも,1番・添田選手が左安で出塁し盗塁を決めると,2番・丸山選手がこの日3本目の内野安打で続き1,2番でチャンスを作る.ここで3番・内山竣選手が高田投手を強襲する適時打を放って5点目.(H7-5M)

7回表も明治大が攻める.先頭の5番・喜多選手がライトに引っ張る二塁打で出塁すると,四球と暴投で1死2,3となり8番・日置選手の内野ゴロがタイムリーエラーを誘い6点目.ここで代打・公家響選手(3年=横浜)がライト前に落とす適時打を放って7点目.高田投手をKOし明治大がついに同点に追いつく.(H7-7M)

8回表,法政大は前の回から登板している3番手・左腕の新井悠太朗投手(4年=折尾愛真)が引き続き登板.1死から4番・北本選手が遊安で出塁すると,代打・松下且興選手(3年=九州学院)が追い込まれてからの4球目を振り抜き,センターの頭を超えるフェンス直撃の二塁打を放ち,一塁ランナー北本選手が一気にホームイン.最後も善波監督の采配が見事に当たり,4~8回まで5イニング連続得点で7点差を大逆転.(H7-8M)

9回表,球場の熱気が最高潮の中マウンドに立つのは背番号10.主将・森下暢仁投手(4年=大分商).ここまで3番手の磯村峻平投手(2年=中京大中京),4番手・入江大生投手(3年=作新学院)と逆転を呼び込む完璧な投球を披露し,最終回のエースに繋いだ.一球一球に歓声があがる優勝がかかった緊迫した場面.落ち着いたマウンド捌きできっちり制球された球で3人で抑えた森下投手が胴上げ投手に.劇的な試合展開で勝負強さを見せつけ,明治大がリーグ優勝を決めた.

明治大 000 221 210  8

法政大 601 000 000  7

注目選手

明治大

日置航選手(1年=日大三)

まさにラッキーボーイ的活躍だった.左安①,三ゴロ,三失,三飛で4打数1安打1打点.そのヒット1本で流れを変え,大逆転へのきっかけを作った.リーグ戦初打席で初球を叩く果敢な攻め,そして高校時代と変わらぬ勝負強さは流石の一言.期待のルーキーから今後も目が離せない.

日置選手の打撃はこちら↓※音量注意

明治大

磯村峻平投手(2年=中京大中京)

剛腕が安定した投球を披露しリーグ優勝に貢献.この日は4回から6回の3イニングを投げて51球,被安打2,死球1,奪三振3の内容.MAXは145km/hをマーク.法政大の上位打線,宇草選手・福田選手・伊藤選手から直球で三振を奪った投球は圧巻だった.2年生左腕で145km/hは充実感があり,今後も直球主体の投球を磨いてほしい.

磯村投手の投球はこちら↓※音量注意

 

明治大

森下暢仁投手(4年=大分商)

大学球界No.1投手が胴上げ投手に.リーグ優勝目前のプレッシャーがかかった場面,9回の抑えで登場.一球一球に緊張感が走る中,大魔神が降臨したかのような堂々たるピッチングで三者凡退に抑えてみせた.MAXは149km/h.球の質,綺麗なフォームはドラ1候補のまさにそれで,大胆かつ冷静な投球は大崩れしそうになく,先発でもリリーフでもいける完成度の高い投手だと改めて確認できた.何事もなければ今秋のドラフト...間違いない.

森下投手の投球はこちら↓※音量注意

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクがドラフト候補を追いかけます.

-大学野球
-, ,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.