<

大学野球

【関甲新学生野球】上武大学vs白鷗大学の最終決戦直接対決は気迫溢れる戦いで最後は興奮と感動の渦へ!

投稿日:

どうも.tk89naviです.

今回は関甲新学生野球春季リーグの観戦レポートです.

 

スタメン

先攻 白鷗大

18金子(4年=國學院栃木)

24保立(4年=霞ヶ浦)

35ラミレス(4年=文星芸大附)主将

47大下(4年=白鷗大足利)

52渡邊(4年=関東学園大附)

66山田(3年=大牟田)

73中山(2年=青藍泰斗)

89京橋(3年=星琳)

9D松元(3年=聖望学園)

P 中村(4年=星琳)

 

後攻 上武大

14友田(4年=九州学院)

23工藤(4年=成立学園)

38山脇(2年=九州国際大付)

4D辻井(4年=履正社)主将

52古川(3年=久留米商業)

65大橋(3年=智辯学園)

79宮川(4年=佐久長聖)

87長友(3年=宮﨑日大)

96大内(4年=東大阪大柏原)

P 吉野(3年=九州学院)

※青文字:左投げまたは左打ち

 

試合内容

先発は上武大・右腕の吉野光樹投手,白鷗大・プロ注目左腕の中村伊吹投手でスタート.

2回裏,上武大が先制する.先頭の5番・古川選手が右安で出塁すると,6番・大橋選手も右安で続き,犠打で1死2,3塁と形を作る.ここで8番・長友晃輝選手がレフトに弾き返す犠飛を放って先制点をあげる.更に9番・大内信之介選手が初球を左中間に持っていき適時二塁打で2点目.左腕の中村投手に対して下位打線の左打者が見事な対応を見せ流れを手繰り寄せた.(H0-2J)

勢いに乗る上武大は4回裏,先頭の5番・古川裕大選手が2ボール1ストライクからの4球目を完璧にとらえ,ライトスタンドに運ぶソロHRを放って1点を追加する.続く6番・大橋選手が四球を選ぶと,8番・長友選手はライト前に落ちる当たりを放つと俊足を飛ばして二塁打にする積極的な走塁を見せる.そして1死2,3塁から9番・大内選手の投ゴロで三塁ランナー大橋選手がホームに突っ込む.中村投手が素早く送球するも間に合わず野選となって2点目.更に1番・友田晃聡選手がスクイズを決めてこの回3点目をあげて中村投手をノックアウト.またも下位打線が機能し上武大の押せ押せムード全開に.(H0-5J)

6回裏も上武大が攻める.先頭の7番・宮川選手が中安で出塁すると,犠打,死球などで2死1,2塁とチャンスを作る.ここで2番・工藤一眞選手が右前適時打を放って6点目.(H0-6J)

このままでは終われない白鷗大は7回表,ようやく打線が繋がる.1死から7番・中山選手が右安で出塁すると,エラーで1,2塁とし,代打・茂木丈汰選手(3年=樹徳)が右安で繋ぎ1死満塁.ここで1番・金子選手の一ゴロの間に1点を返し,更に2番・保立凌選手がファールで粘って7球目を見事にセンターに弾き返し2点目.続く3番・ラミレスレンソ選手も2ボールからの3球目を振り抜き痛烈な左前適時打で繋いで3点目.ここで上武大は吉野投手から本定史好投手(4年=遊学館)にスイッチ.2死1,2塁,一発出れば同点の場面で迎えるは4番・大下選手.4年生対決は大下選手が鋭い打球を放つも三ゴロとなり本定投手に軍配.この日一番の見所であった.(H3-6J)

その後は本定投手が白鷗打線にヒットを許さず,9回も3人で締め,最終決戦は上武大が白鷗大に連勝で勝ち点を取って優勝.全日本大学野球選手権の切符を手にした.

白鷗大 000 000 300  3

上武大 020 301 00x  6

 

注目選手

白鷗大

金子莉久選手(4年=國學院栃木)

大学野球界トップクラスの韋駄天.この日は左飛,左安中安,一ゴ①,遊ゴと5打数2安打1打点だった.165cmと小柄で長打があるタイプではないが,振りはシャープで巧打を連発する.勿論スピードは健在で,一塁到達タイムは3.84秒を計測.一番目を見張るのはそのスピードを守備に大きく活かしている点だ.気がついたら落下点に到達していたというのが何度もあり,守備範囲の広さは間違いなくセールスポイント.プロでどう評価されているか楽しみな選手だ.

金子選手の打撃はこちら↓※音量注意

 

白鷗大

ラミレス・レンソ選手(4年=文星芸大附)

プロ注目の三塁手.この日は遊ゴ,二ゴ,左安左安①で4打数2安打1打点だった.ファーストストライクから積極的に打ちにいき,とらえた時のインパクト音,打球の速さは他の打者とは明らかに違う.その反面,追い込まれてからは当てにいく打撃が見られ,極力三振を減らす意識が感じられた.守備は無難に打球を処理し,定評のある肩の強さは相変わらずであった.この選手も今後どれだけ評価を上げるか楽しみである.

ラミレス選手の打撃はこちら↓※音量注意

 

上武大

古川裕大選手(3年=久留米商業)

上武大のクリーンアップを任される司令塔.右安右越HR,見三振,右飛で4打数2安打1打点だった.特大ファールを放ったり打ち取られた打球でもフェンス手前まで運んだりと打撃好調でリーグ戦では本塁打王と打点王を獲得.184cm 90kgと体が大きく,イニング間の二塁送球は1.8秒後半~1.90秒前半のタイムを常に維持するなど肩も強い.順調にいけば間違いなく来年のドラフト候補にあがる存在だ.

古川選手の打撃はこちら↓※音量注意

 

上武大

本定史好投手(4年=遊学館)

上武大の本格派右腕が快投.先発した吉野投手を7回途中からリリーフし,2回1/3を投げて被安打0無四球,奪三振3の内容で白鷗大打線を寄せ付けなかった.140km/h前半~中盤の真っ直ぐを中心に危なげなく投げきり,歓喜の輪の中心に.リーグ戦の最優秀防御率を獲得した.大学選手権でもその安定感を見せつけてほしい.

本定投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクがドラフト候補を追いかけます.

-大学野球
-, ,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.