<

大学野球

【神奈川県大学野球】神奈川工科大学vs神奈川大学は好投手が登板!〜春季1部リーグ~

投稿日:

どうも.tk89naviです.

今回は神奈川県大学野球春季リーグ(1部)の観戦レポートです.

 

スタメン

先攻 神奈川大

17長谷川(2年=日本文理)

26中島(3年=大宮西)

39冨岡(4年=下関商)主将

4D土井(1年=唐津商)

58梶原(2年=大分雄城台)

65東本(4年=報徳学園)

73伊藤(4年=北陸)

82奥村(3年=八戸学院光星)

94石井(3年=埼玉栄)

P 百瀬(4年=国士舘)

 

後攻 神奈川工科大

14嶋田(4年=藤沢翔陵)

25米田(3年=聖光学園)

32角田(3年=千葉商大附)

48坂田(3年=海星)

53鳥居(4年=静清)主将

69磯部(3年=水戸葵陵)

7D中島(3年=東海大付甲府)

86大塚(3年=静清)

97水落(3年=平塚学園)

P 浅野(2年=横浜隼人)

※青文字:左投げまたは左打ち

 

試合内容

先発は工科大・浅野能輝投手,神大・百瀬永遠投手の両右腕でスタート.

まずは2回表の神大.先頭の5番・梶原選手が右安で出塁し盗塁を決める.1死3塁から7番・伊藤佳史選手の中安で先制

4回表の神大.先頭の3番・冨岡選手が左中間に二塁打を放つと,2死3塁から6番・東本将弥選手が内角にきた変化球を引っ叩きライトスタンドに運ぶ2ランHRを放つ.続く7番・伊藤佳史選手もレフトスタンドに引っ張ってソロHRを放ち2者連続のアーチでこの回3点をあげた.

追う工科大は6回裏.2死から3番・角田選手が四球を選ぶと,続く4番・坂田選手が中安で繋ぎ1,3塁とする.ここで5番・鳥居大地選手がセンター前に運ぶ適時二塁打を放って1点を返す

終盤は投手戦となるも9回表の神大の攻撃.工科大は2番手の岩崎純司投手(4年=藤沢翔陵)が3イニング目の投球.1死から6番・東本選手が遊失で出塁すると,続く代打・松本凌弥選手(3年=東邦)がライトスタンド上段に運ぶ2ランHRを放って試合を決めた.工科大打線は神大投手陣に終始圧倒されゲームセット.

神 大 010 300 002  6

工科大 000 001 000  1

 

注目選手

神奈川大

百瀬永遠投手(4年=国士舘)

まずは先発した百瀬投手.7回を投げて105球,被安打3,四死球4,奪三振6,失点1の内容だった.この日は立ち上がりからエンジン全開で140km/h前後の真っ直ぐを軸に変化球にも全くタイミングが合わない工科大打線を三者三振で斬る幸先の良いスタート.中盤からは打たせて取る投球で隙がなかった.MAXは143km/hでクイックは1.21~30秒.さすが4年生という安定した投球でリードを貰ってからは余裕さえ感じられた.

百瀬投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

神奈川大

神野竜速投手(1年=西武台千葉)

百瀬投手を8回からリリーフした1年生右腕はリーグデビュー戦で観客の度肝を抜いた.180cm 77kgと体が大きく,セットポジションからきれいなフォームで投げ込む直球はMAX145km/hを計測.そのほとんどの投球が140km/hオーバーだったが,“145”を連発し球場がどよめく.わずか11球で1イニングを投げ終えたが,ポテンシャルが高い投手というのは誰が見てもわかる.今後のリーグ戦の活躍に期待したい.

神野投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

神奈川大

前田秀紀投手(2年=聖光学院)

そして9回に登板したこの投手も見逃せない.テンポの良い投球であっという間に試合を終わらせてしまったが,内容が素晴らしい.170cmと上背はないが速球をコーナーに投げ分け,一人目146km/hで見三振,二人目はこの日のMAX147km/hで空三振,そして三人目も146km/hで見三振と三者三振でシャットアウト.バットに当てられたのは一度だけ(ファール)という圧巻の投球でこちらも今後が楽しみな投手だ.

前田投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクがドラフト候補を追いかけます.

-大学野球
-,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.