<

大学野球

【千葉県大学野球】敬愛大学vs国際武道大学は試合終盤にドラマが!〜春季1部リーグ~

投稿日:

どうも.tk89naviです.

今回も千葉県大学野球春季リーグ(1部)の観戦レポートです.

 

スタメン

先攻 国際武道大

17柄澤(3年=市立船橋)

26梅田(3年=銚子商)

35勝俣(4年=東海大菅生)主将

49豊田(4年=東海大相模)

54磯網(4年=東海大相模)

6D川畑(2年=鹿屋工)

73三河(4年=横浜)

82鮎ケ瀬(3年=作新学院)

98赤木(4年=作新学院)

P 吉田(3年=旭川実業)

 

後攻 敬愛大

15今吉(3年=松戸国際)

24天野(4年=松戸国際)

38秋山(4年=市立船橋)

43石原(3年=湘南学院)

57大屋(4年=東京学館浦安)

6D櫻井(2年=横浜商)

76高宮(4年=横芝敬愛)

82澤田(2年=埼玉栄)

99大木(3年=千葉敬愛)

P 大﨑(2年=智辯和歌山)

※青文字:左投げまたは左打ち

 

試合内容

先発は敬愛大・大﨑黎投手,国際武道大・吉田良太投手の両右腕でスタート.

2回裏の敬愛大.4番・石原昂選手が2球目をとらえレフトスタンドにソロHRを放ち先制

その後は投手戦となり試合が動いたのは6回表.敬愛大・大﨑投手の投球がボール先行となり四球3つを与え1死満塁.ここで国際武道大の7番・三河聖央選手が右前適時打を放ちランナー二人を迎え入れ逆転に成功.更に8番・鮎ケ瀬一也選手が中犠飛を放って3点目

7回表にも四死球でチャンスを作り,5番・磯網栄登選手の右前適時打で4点目をあげた.

ポイント

試合の流れは完全に国際武道大だったが,8回裏の投手継投で一変する.国際武道大は先発の吉田投手を5回66球で早めに交代させ,6回からルーキーの板川佳矢投手(1年=横浜)が登板.板川投手も2イニングを0点に抑える好投を見せた.そして8回からは北村朋也投手(3年=東海大相模)が登板.まずは敬愛大4番の石原選手を一邪飛に打ち取るがその後はストライクが1球も入らず3者連続四球を与えてしまう.国際武道大ベンチはたまらず塩原陸投手(2年=横浜)にスイッチ.打席には8番・澤田和也選手.その2球目に三塁ランナーが飛び出したのを見て鮎ケ瀬捕手が送球するもランナーに直撃してしまい2点目を献上.このあたりで異様な雰囲気となってくるが澤田選手は三振に倒れ2死1,2塁.ここで代打・金子昌平選手(3年=松本第一)がゴロを打つとこれを投手が弾きセカンドへの内野安打となって2死満塁.迎えるは1番・今吉翼選手.ここまでの4打席全て右方向への打球を打ってきた今吉選手がこの場面でも右打ちを見せ,2球目をライト前に運びランナー二人を返して同点に追いつく.敬愛大ベンチは大騒ぎ.更に続く2番・天野勇介選手もこの勢いそのままに2球目を打ってこれもライト前に抜けていき逆転に成功.誰もが予想もしなかった敬愛大の驚異の粘りで球場が一気に湧いた.

一転追い込まれた国際武道大9回の攻撃は1番・柄澤選手から.敬愛大は130球以上投げている大﨑投手が9回もマウンドへ.まずは柄澤選手を直球で空三振に打ち取ると,2番・梅田選手は変化球で空三振.勝利目前で立ちはだかるのは3番・勝俣選手.ファールで粘られフルカウントから投じた8球目.渾身の一球はこの日のMAX143km/hを計測したものの力が入り低めにはずれて四球.球数は既に150球を超えていた.2死1塁となり打席には4番・豊田選手.緊迫した状況の中,2球で豊田選手を追い込むと,3球目の変化球が決まって空三振でゲームセット.大﨑投手の粘りの投球と,打線の見事な集中力で敬愛大が価値ある1勝を手にした.

武道大 000 003 100  4

敬愛大 010 000 04x  5

湧き上がる敬愛大ベンチ

注目選手

敬愛大

大﨑黎投手(2年=智辯和歌山)

この試合のヒーローと言ってもいいだろう.9回を完投し155球,被安打7,四死球7,奪三振9で失点4の内容だった.粘りに粘ったピッチングで国際武道大の強力打線相手に毎回ランナーを出すが何とか抑えていた.いずれも先頭打者への四球が失点に繋がっており,課題としては明確かもしれないが,1試合トータルで見れば見事な投球だったとしか言えるまい.特に逆転してもらったあとの9回の投球は圧巻.気迫を全面に出して打者に向かっていく姿は見るものを虜にしたに違いない.

大﨑投手の投球はこちら(打者は国際武道大・勝俣選手)↓※音量注意

 

国際武道大

勝俣翔貴選手(4年=東海大菅生)

ドラフト上位候補の勝俣選手は四球,空三振,四球死球四球と1打数ノーヒット.4度の出塁は警戒された強打者の証である.よくボールを見極め,空振りは上記三振の一度しかなかった.前に飛んだ打球が見れておらず,この試合だけではなんとも評価し難いため,次回に期待したい.気になるサード守備についても,守備機会がなかったためこれも次回に持ち越しである.

国際武道大・勝俣選手

国際武道大

板川佳矢投手(1年=横浜)

横浜高校のエースで高校日本代表にも選出された左腕が国際武道大野球部に入部.この日は2イニングを投げ38球,被安打2,四球1,奪ったアウトは全て三振(6個)で無失点の内容.クイックタイムは1.21秒.ストレートのMAXは139km/hだが変化球の精度がよく左打者は特に打ちづらそうであった.それに109km/hの球(カーブ?)もあり投球の幅が広い投手である.1死満塁のピンチも動じず無失点で切り抜けるあたりはさすがで,今後も戦力として重要な場面での登板が増えそうだ.

板川投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大学野球
-, ,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.