<

ドラフト候補 大学野球

【大学野球観戦】立教大学vs法政大学の試合は思わぬ結末が待っていた!

投稿日:2018-10-08 更新日:

どうも.tk89naviです.

今回は東京六大学野球秋季リーグの観戦レポートです.

明治大vs東京大

まずは第一試合,明治大学vs東京大学.試合は引き分けf:id:tk89navi:20181007234131j:plain明大打線が東大先発の有坂望投手(4年=城北)をなかなか攻略できない展開.

ここまで明大が苦戦するのは予想外だが,やはり野球は投手が大事だと改めて感じさせられる一戦となった.

さて,明大からは今月に迫ったドラフト候補の選手達が出場.

結果は以下にまとめる.

  • 明治大学 逢澤崚介選手(関西)

   4打数1安打2盗塁 一塁到達タイム:4.26秒(二ゴロ)

  • 明治大学 渡辺佳明選手(横浜)

   4打数1安打 一塁到達タイム:4.34秒(投手が弾いた内野安打)

  • 明治大学 佐野悠太選手(広陵)

   1打数0安打 最終回に代打で登場も三振

ドラフトにおいては秋季リーグでの活躍も大切だ.

昨年の秋季リーグで一気に株を上げて2位指名された岩見雅紀選手(慶應大-楽天)の例もあるため,最後までアピールしてほしい.

 

立教大vs法政大

第二試合は立教大学vs法政大学.

試合はなんとサヨナラボークで決まる珍しい結末.f:id:tk89navi:20181007235653j:plain

両チーム譲らない大接戦となり,9回裏に神宮の魔物が.

法大は足で揺さぶって同点にすると,チャンスで4番・中山翔太選手(4年=履正社)に打席がまわる.立大は3番手・手塚周投手(3年=福島).1ストライク後の2球目を手塚投手が一塁へ牽制.

そこでなんとボーク!

プレートを外さず投じてのボーク.投手としては四球やワイルドピッチが重なり,精神的にもきつい状況となっていたと考えられる.

立大応援席は相当な落胆ムードが漂う中,法大が2連勝で勝ち点をゲット.

 

この試合のドラフト候補選手の結果を以下にまとめる(今回から動画もアップ).

  • 法政大学 向山基生選手(法政二)

   5打数2安打1三振 一塁到達タイム:4.27秒(一ゴロ)

  • 法政大学 中山翔太選手(履正社)

   3打数0安打1四球1併殺

中山選手の打撃はこちら(スロー)↓

 

  • 法政大学 菅野秀哉投手(小高工)

   6回からのリリーフで4イニングを1失点.

   MAX147km/hで被安打4(3本が内野安打).2奪三振.

菅野投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

 

おわりに

個人的には現地観戦でのサヨナラボークは初めてだが,

これで2日連続劇的(?)なサヨナラゲームに立ち会うことができた.

今後もドラフト候補選手の動向に注目していきたいと思う.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクがドラフト候補を追いかけます.

-ドラフト候補, 大学野球
-,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.