<

現地観戦記やプロ野球ネタがメインのブログ

三度の飯より野球観戦

高校野球

【春季関東大会】東海大相模vs木更津総合は終盤の投手起用で明暗が!

どうも.tk89naviです.

今回は高校野球春季関東大会の観戦レポートです.

※写真・動画は無し

 

スタメン

先攻 木更津総合

19齋藤(2年)

22小池(3年)

38太田(3年)

43岩井(3年)

55下川(3年)

64山中(1年)

77秋元(1年)

86属増(2年)

91篠木(2年)

 

後攻 東海大相模

18鵜沼(2年)

29高嶋(3年)

31遠藤(3年)主将

43山村(2年)

57西川(2年)

65金城(3年)

76茂谷(2年)

84加藤(2年)

92萩原(3年)

※青文字:左打ち

 

試合内容

先発は東海大相模はプロ注目の二刀流・遠藤成投手,木更津総合は2年生右腕の篠木健太郎投手でスタート.

2回裏,東海大相模の攻撃.2死から6番・金城選手が左安で出塁すると,7番・茂谷選手も右安で続き1,3塁とする.続く8番・加藤選手の打席,1ボール2ストライクからの4球目にランナー二人がディレードスチールを仕掛けて先制.(K0-1T)

4回表に木更津総合が反撃.先頭の2番・小池選手が左越二塁打を放つと,4番・岩井晃介選手が中前適時打を放って同点に追いつく.(K1-1T)

ここから遠藤投手,篠木投手が粘り強く投げ続け投手戦に.均衡を破ったのは東海大相模,8回裏の攻撃.先頭の8番・加藤選手が中安で出塁すると,9番・萩原選手が初球で犠打を決めて形を作る.続く1番・鵜沼魁斗選手の打席,初球ファールを打ったところで木更津総合ベンチが動く.満を持してエース・根本太一投手(3年)が登場.根本投手がすぐに追い込むもパスボールでランナーは3塁へ.そしてフルカウントからの7球目を鵜沼選手が叩く.これがレフトに転がる適時打となって東海大相模が勝ち越し.その後も球の勢いがいまひとつの根本投手に対し,東海大相模打線が襲いかかる.3番・遠藤成選手の中前適時打,4番・山村崇嘉選手の中越適時三塁打が飛び出しこの回3点をあげる.(K1-4T)

最終回の木更津総合の攻撃.東海大相模の投手は8回裏2死から遠藤投手をリリーフした背番号1の右腕・紫藤大輝投手(3年)が回跨ぎでマウンドへ.まずは先頭の2番・小池選手がセンター前に落とすヒットで出塁すると,3番・太田選手が四球を選び1,2塁と一発出れば同点のチャンスを作る.ここで4番・岩井晃介選手が左前適時打を放ち1点を返す.更に併殺打の間に1点を追加するも反撃はここまで.木更津総合は最終回に2点を返す意地を見せるも8回裏の失点が響いて関東大会開幕戦は東海大相模が勝利した.(K3-4T)

木更津総合 000 100 002  3

東海大相模 010 000 03x  4

 

注目選手

木更津総合

篠木健太郎投手(2年)

ワインドアップからの流れるようなフォームからテンポよく投げ込んでくる右腕.この日は7回1/3を投げて101球,被安打4,四死球2,奪三振5で失点1の内容だった.前評判通りの制球力と140km/hは超えているであろう球のスピードと変化球のキレで東海大相模打線を寄せ付けず,外野の頭を超えるような打球は打たれていない.クイックもうまく1.1秒を切るタイムを叩き出す.来年のドラフト候補&次期エースに相応しい快投だった.

 

東海大相模

遠藤成選手(3年)

東海大相模は内野手兼投手の二刀流が先発のマウンドに立った.オーソドックスなフォームから力強い球を投げ込む右腕.この日は7回2/3を投げて111球,被安打5,無四球,奪三振5で失点1の内容で篠木投手と投手戦を演じた.一番評価すべきは「無四球」で投げ切ったことだろう.幾度となく3ボールまでいったが四球を出さず最悪打たれて終わる投球ができており,独り相撲にならない精神的にも強い投手だと感じた.一方打撃では空三振,見三振,投ゴ,中前適時打と4打数1安打1打点1盗塁だった.篠木投手にはタイミングが合わず手玉に取られた印象だが,根本投手からはきっちりタイムリー.今後も投打で活躍し,ドラフト指名までもっていけるか注目だ.

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tk89navi

年間100試合以上現地観戦する野球オタクが運営するブログです.主にアマチュア野球やドラフト候補の情報を発信しています.

-高校野球

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2020 All Rights Reserved.