<

大学野球

【東京新大学野球】共栄大学vs創価大学は1点勝負の白熱の投手戦に!〜春季1部リーグ~

投稿日:

どうも.tk89naviです.

今回は東京新大学野球春季リーグ(1部)の観戦レポートです.

 

スタメン

先攻 共栄大

18浅見(3年=前橋育英)

24野﨑(4年=昌平)

39島澤(3年=白鴎足利)

43落合(4年=樟南)主将

5D吉内(3年=樟南)

65高橋(3年=樹徳)

77並木(4年=葛飾野)

82小倉(3年=八千代松陰)

96山口(3年=東洋大牛久)

P 清水(4年=樹徳)

 

後攻 創価大

19(4年=関西創価)主将

26下小牧(4年=日大三)

32萩原(3年=日南学園)

43山形(4年=明徳義塾)

55鈴木嘉(3年=静岡)

68保科(3年=遊学館)

7D石川(3年=常総学院)

84門脇(1年=創価)

97藤原大(2年=立正大湘南)

P 望月(4年=市立船橋)

※青文字:左投げまたは左打ち

 

試合内容

先発は共栄大・清水蓮投手,創価大・望月大希投手の両右腕でスタート.

序盤から投手戦となり4年生の両投手が落ち着いた投球を披露.共にランナーを出すものの得点を許さない.

試合が動いたのは5回裏,創価大の攻撃.1死から9番・藤原大選手が左安で出塁すると,続く1番・主将の高正則選手がレフトオーバーの適時二塁打を放ち1点を先制.(K0-1S)

その後も投手戦が続き迎えた8回表,共栄大の攻撃.2死1塁から5番・吉内選手がセンター前に落とすヒットで1,3塁とし,ここで6番・高橋将幸選手がレフト前に落とす適時打を放ち同点に追いつく.(K1-1S)

創価大は9回から杉山晃基投手(4年=盛岡大附)に継投,共栄大は清水投手が9回もマウンドへ.両投手得点を許さず1-1のまま10回延長戦タイブレーク(無死1,2塁からスタート)に突入.

10回表,共栄大の攻撃は4番・落合選手から始まる好打順も1-6-3の併殺打に倒れ2死3塁となる.ここで5番・吉内選手が見逃し三振に倒れ無得点.杉山投手がその剛腕で創価大に流れを呼び込んだ.

10回裏の創価大は7番・途中出場の木代成選手(1年=日大三)から.共栄大は10回も清水投手が続投も初球に死球を与えてしまい無死満塁.ここで8番・門脇誠選手が1ボールからの2球目を狙い撃ち左前適時打でゲームセット

共栄大 000 000 010 0  1

創価大 000 010 000 1x  2

 

注目選手

創価大

望月大希投手(4年=市立船橋)

プロ注目の長身右腕は8回を投げ146球,被安打8,四球4,奪三振4で失点1の内容だった.カーブでカウントを稼ぎ130km/h後半の直球を軸に打ち取るスタイル.角度がある球に引っ掛ける打球が目立ったが,なかなか空振りが奪えずファールで粘られていた印象が強い.それでも長いイニングを投げてしっかり結果が出ており,ドラフトの観点でどう評価されるか楽しみなところ.

望月投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

創価大

杉山晃基投手(4年=盛岡大附)

こちらもプロ注目の長身右腕.9回から望月投手をリリーフし,2イニングを被安打1,無四球,奪三振1,無失点の内容だった.147km/hを計測した直球でガンガン押していき,タイブレークの場面では併殺打と三振に打ち取る最高の結果を残した.腕も良く振れて強い球が投げられており,さすがドラフト上位候補の球だった.

杉山投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

共栄大

清水蓮投手(4年=樹徳)

この日一番の収穫はこの投手を見れたことだろう.9回0/3を投げて103球,被安打4,四死球2,奪三振14で失点2の内容.創価大の強打者,4番の山形選手を4打席連続三振に,2番の下小牧選手からは3三振を奪うなど終始圧巻の投球で直球も変化球も一級品だった.バネのある質のいいフォームも個人的には好みだが,ピンチの場面で明らかに球速(145km/hを計測)が増しており,ギアチェンジがうまい投手.ラストイニングは3球でサヨナラ負けて残念な結果に終わったが,内容的にはドラフト戦線に加わってもおかしくない存在だ.是非とも東京新大学リーグに足を運んで清水投手の球を見てもらいたい.

清水投手の投球フォームはこちら(スロー)↓

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大学野球
-, ,

Copyright© 三度の飯より野球観戦 , 2019 All Rights Reserved.